使いやすい収納を作る3つの鉄則

キッチンは調理器具や食器や食品など、数多くの細かいものが集まる場所です。そうした細かいものをしっかり収納できて簡単に取りだせる、そんな収納スペースが理想ですね。ここでは、どんな風に収納したら使い勝手がいいか、キッチン収納における3つの鉄則をお話させて頂きます。

  • 鉄則1:使うものは使用スペースの近くに

調理スペースのキャビネットには、バットや計量器を。コンロの近くにはお鍋やフライパン、そして、炒め物をしている時にサッと一振りするスパイス類をおいておきます。そうすれば、必要な物が必要な時にすぐに仕えて効率的にお料理できますね。食卓に料理を並べたときに使う調味料や、食卓を彩る雑貨は、ダイニングテーブルの近くに並べておくと便利です。

  • 2.頻繁に使うものは取り出しやすい状態で収納する

料理中によくつかうボウルやザル。この2点を扉の中にしまってしまうと、なんども何度も扉を開けなければならず大変な手間になってしまいます。ですから、フックにかける、キッチンの流し台に立てかけておくなどして、すぐに手に取れる状態で収納しましょう。おたまや返しも壁に吊るし、インテリアの一部にしてしまうと使い勝手がよく、目にも嬉しい収納になります。

  • 3.小さくても食品庫を用意

買い置きの食材や調味料、雑貨などをしまえる食品庫があると、キッチンの中がすっきりと片付きます。「頻繁に買い置き食材をかわないから必要ない」と思って食品庫を用意しないと、のちのち、キッチンがモノで溢れて大変なことになってしまいますよ。

理想的な食品庫は、扉を開けて全体が見渡せるつくりのもの。収納庫の中は当然ですが、収納庫の扉の裏にも収納棚をつければ、扉を開けた時に収納されているものが見渡せて、非常に管理しやすいのでムダなものが増えませんね。