お手入れのしやすいキッチン

お手入れのしやすい素材や設備機器を選びましょう システムキッチンのパーツや設備機器は、掃除がしやすいように作られているものがたくさんあります。そうしたアイテムを選べば、キッチン掃除はもちろん、奇麗な状態を保つのもラクラクです。こちらのページでは、システムキッチンのパーツや設備機器を奇麗に使う方法をお伝えしします。
  • 奇麗が続く「カウンターの素材」

カウンターの素材は、大きく分けてステンレスと人造大理石の2種類。ラクにキレイな状態を保ちたい方にはステンレスがおすすめです。水に強く、汚れもタワシなどでこすり落とせる丈夫な素材で、最近では表面の傷をより目立たせなくする工夫が凝らされています。

  • 奇麗が続く「壁材」

掃除嫌いの方に推奨したいのは、パネル型壁材です。パネルのように、分割された壁をつなぎ合わせて作る壁のことで、誰でも簡単につなぎ合わせることが出来ます。

パネル型壁材の多くは、表面がつツルツルしていて汚れがついてもスポンジで簡単に落とせるものばかり。頻繁に掃除をする必要がありません。

見た目重視の方にはタイル張りの壁が選ばれていますが、目地のお手入れが必要になりますので、お掃除が嫌いな方は避けたほうが無難でしょう。

  • 奇麗が続く「コンロ」

ガスコンロで汚れにくいのは、トッププレートタイプ。ガスバーナーの中に煮汁が入りにくく、プレートのまわりにフレームをなくして汚れをまりにくくするなどの配慮があり、頻繁に掃除をする必要がありません。

  • 奇麗が続く「シンク」

シンクの排水口は、深くてゴミが詰まりやすいのがデメリットでした。しかし最近は、浅くて凹凸のない排水口が主流です。また、ゴミカゴと目皿、カップが設置され、それぞれが取り外しがきくようになっています。